がん闘病日誌

膵臓がんと酒・コーヒー・みかん・大豆の関係〜原因となる?

Pancreatic cancer Liquor coffee Mandarin orange soy relationship Cause

膵臓癌について調べてみると、酒やコーヒー、みかんや大豆など特定の食べ物についての情報が出てきます。

酒もコーヒーもすい臓がんになったお父さんよく飲んでた!ダメなの?
食べ物に関してはデマや思い込みも多いです。それぞれについて、見ていきましょう!

一般的に取り上げられやすい食べ物と膵臓癌の関係について研究機関の報告結果からお伝えしていきます。

 

膵臓癌と酒

Pancreatic cancer Liquor

まず、意外かもしれませんがすい臓がんと飲酒習慣での死亡とは関係がないという研究結果が出ています。
へぇ、じゃあ飲んでいいんだ!
適量ならば、ということになります。

 

1日あたりのアルコール摂取量が多い人は膵臓癌を発病させる危険性が上昇

お酒と膵臓癌の発病との関係に因果関係は見つからないという研究結果が出ています。(参照:JACC

しかし、1日あたりに摂取するアルコールの量が増えると、慢性膵炎になる可能性が増大することが知られています。

(男性においてはアルコールの飲みすぎが慢性すい炎の原因の約80%弱)

そして、慢性膵炎はすい臓がんになる可能性を大幅に上昇させるとされています。

このことから、少量の飲酒は膵臓がん発症の危険性とは関係がありませんが、大量飲酒は膵臓がんやその他の病気の原因となるので、過度な飲酒は避けたほうがよいと考えられます。(参考:NCBI 

米臨床腫瘍学会のがん予防委員会も、「過剰な飲酒はがんの危険性を高める可能性がある」として、アルコールを飲み過ぎないよう注意を呼び掛 ける声明を発表しています。

飲酒の1日適量めやす
  • 日本酒・・・1合
  • ビール・・・1本(500ml)
  • ワイン・・・グラス2杯(200ml)

 

がん治療中の飲酒

すい臓がんの治療中は、飲酒は控えた方が良いとされます。

アルコールそのものや分解されたアセトアルデヒドには発がん性があり、がん発症のリスクが上昇するとされています。

人によってはアルコールやアセトアルデヒドを分解する酵素の力が弱いこともあるので、発がん性物質が体に長く止まってしまう恐れがあります。

どうしても飲みたい場合は主治医に相談しましょう。

 

抗がん剤治療の間は禁酒

抗がん剤による過剰な副作用が発生する怖れや、期待する治療効果を得ることが難しくなる可能性があるとされています。

治療後や休薬中でも、薬の効果が残っている場合があります。

主治医の先生に相談してから飲むようにしましょう。

 

膵臓癌とコーヒー

Pancreatic cancer coffee

コーヒーは良くないのかな?
悪いと言われがちなコーヒーですが、実は飲む方が膵癌リスクを減らす場合もあるのです。

コーヒーには、がん化を促進する側面と抑制する側面の両面の作用があると考えられています。

飲むことで膵がんになりやすくなるという因果関係を示す結果は現在のところ得られていません。

 

コーヒーを飲みすぎると膵臓癌のリスクが上昇

JACCの調査では、以下のことが報告されています。

  • 1日4杯以上飲む人では、飲まない人に比べ膵がん死亡リスクが有意に上がる
  • 男性では1日4杯以上飲む人は3.1倍膵臓癌で死亡しやすい

コーヒーをたくさん飲みすぎると、膵臓がんになるリスクを上げるかもしれないということは言えそうです。

 

適量のコーヒーは膵臓癌のリスクを軽減

一方、1日に4杯未満の適量ならば、むしろ飲んだ方がリスクが下がっています。

男性は特に、コーヒーをほとんど飲まないグループに比べてよく飲むグループほどリスクが低くなるという傾向が見られたと報告されています。

Pancreatic cancer coffee

引用元:JACC生活習慣と膵がん死亡との関係

 

日本の疫学調査では,1日3杯未満のコーヒー飲用は膵がん死亡の危険率を下げる事が示されています。

適量ならば、我慢せずに飲んでいきたいですね。

 

膵臓癌とみかん

Pancreatic cancer orange

冬になると手に入りやすいみかんですが、みかん類をたくさん食べると、がん血液の発症リスクが低くなるということも言われています。

(参照:大崎国保コホート研究

すい臓がんの場合、みかん類を日常的に食べると発症のリスクが低くなると言われています。

みかんとがんの関係研究で分かっていること
  • ミカン類を毎日食べる人のがん発症リスクは1割程度低い
  • 特にみかん類での発癌リスクはすい臓がんで低下
  • 緑茶を毎日1杯以上飲んでいて、みかんを日常的に食べる人は発癌リスクが分かりやすく低下

最近の研究では温州みかんに多く含まれる「β-クリプトキサンチン」というカロテノイドが発がんを抑制する効果を持つことが分かっています。

みかんと緑茶を飲んで、すい臓がんに強い体にしていきたいところです。

 

膵臓癌と大豆

Pancreatic cancer tofu

豆腐とか大豆製品って身体に良いイメージがある!
意外ですが、豆腐をたくさん食べる人ほど、すい臓がんになるリスクが高くなるという報告があります。
参照:大豆食品摂取量の摂取と膵がん罹患リスクが関連JPHC Study
膵臓癌と大豆食品の関係
  • 非発酵性大豆食品(豆腐・高野豆腐・油揚げ・豆乳)・・・膵臓癌リスクが上がる
  • 発酵性大豆食品(納豆・みそ)・・・関係性なし

膵臓癌が特に気になる場合は、豆腐は控えて味噌・納豆の摂取に留めてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

膵臓癌になった家族がいる、膵臓癌の疑いがある場合に気になる食品についてのまとめはこちら。

膵臓癌と食品との関係
  • 膵臓癌と酒・・・過剰な飲酒(1日ビール2本以上)は発癌リスク上昇
  • 膵臓癌とコーヒー・・・適量なら罹患リスク減少・1日4杯以上なら罹患リスク上昇
  • 膵臓癌とみかん・・・緑茶と一緒に食べると発癌リスクが減少
  • 膵臓癌と大豆・・・豆腐類・高野豆腐・油揚げ・豆乳などで罹患リスク上昇

何事も適量を守り、日々健康に暮らしていけるようにしていきたいですね。

以上、膵臓癌と気になる食品について調べたことをお伝えいたしました。

 

現在私の父も膵臓癌闘病中ですが、野菜スープで免疫力がついたという方のお話しもよく耳にします。

今後、野菜ジュース・野菜スープについてもチャレンジしていきたいと思います。

膵臓癌で食べてはいけない食べ物はある?食べたい野菜や原因とされる食べ物の関係

-がん闘病日誌

© 2022 Cancer Fighting Diary Powered by AFFINGER5