タイ生活

タイからの帰国の失敗談!pcr検査要?抗原検査の陰性証明ではダメ?ベトナム経由

Thailand returning home pcr test Vietnam

タイから一時帰国する際、

バンコク(タイ)→ハノイ(ベトナム)→日本(セントレア)

の経由便で帰国しました。

 

しかし…陰性証明をとってバッチリ!と思っていたら、

ベトナムから出国できない事態に!!

 

その際の状況をお伝えしていきます。

(※2022年8月の状況です)




タイからの帰国:抗原検査・PCR検査

タイから日本への帰国では、必要書類として日本国大使館から下記を要求されております。

タイから日本への入国の際に必要な書類
  • 検査証明書
  • パスポート

その後も書類などありますが、その場でもらえるので、検査証明書さえあればOK!

この検査証明書、出国前72時間以内のものが必要で、

  • 抗原定量検査
  • PCR検査

どちらでもOKとなっています。

抗原定性検査はダメなので注意!

 

うちでは、バンコクのエンポリ18階にある、サクラクロスクリニックで陰性証明を上げていただきました。

抗原定量検査…2500バーツ

PCR検査…4000バーツ

簡単に予約できて日本語対応なので、陰性証明を取りたい方は便利です。

サクラクロスクリニック(公式)

※価格は2022年8月現在

 

PCRは高いし、抗原定量検査で良いや…とお思いのことでしょう!

タイから日本へ帰国する際は、これで出国までスムーズにできました。

ので、2500バーツの抗原定量検査で十分かなという感じです。

 

しかし…

乗り継ぎで他の外国に行くことがある人には、PCR検査で陰性証明をとることをおすすめいたします。

 

なぜなら!

トランジットのベトナムで、

抗原定量検査の陰性証明を出したのにベトナムを出国させてもらえなかったから〜;;;;

 

以下、次の項でことの顛末をお伝えします↓




ベトナムからの帰国:PCR検査要で失敗体験談

LCCで日本に帰国するため、ベトジェットエアで

バンコク→ハノイ→セントレア

の発券を済ませました。

 

バンコクのイミグレ(入国審査)では、抗原定量検査の証明で難なく出国。

飛行機に搭乗することができました。

そして、乗り継ぎのハノイ(ベトナム)に到着。

トランジットの手続きを済ませるため、いったんベトナムに入国。

再度、発券手続きをします。

 

その時…

「PCR検査の証明じゃないと出国の発見できないよ」

と、グランドスタッフに言われました。

 

「はぁ!?」

と。

 

日本の入国要件には、抗原定量検査で良いと書いていたはず。

これは日本側の問題なので、ベトナムがどうこうといったことでもないはず。

 

それなのに、ノーとしか言わず、発券してもらえません。

英語わかってるんだかわかっていないんだか?

 

おそらく深夜便なので、ほぼベトナム語しか理解できない(読めない)スタッフ。

スマホの画面を見せて、日本国の情報に抗原定量検査でいけると書いてある!と説明しても、

「ノー!ノー!」

の一点張り。

 

挙げ句、スマホの翻訳機を取り出したかと思えば、

「PCR検査を持ってきてください」とスマホに言わせる始末…

 

そして、結局時間になり、飛行機に乗れない事態に……!!

 

苛立ちは隠せませんが仕方なく、PCR検査を受けにいきます。

検査結果は早朝に検査をしても、あがってくるのはその日の夕方です。

 

そこらへんにいるドライバーに、1万円で

・PCR検査を24時間体制でしているところに行ってもらい

・PCR検査の手続きをしてもらい(+1万円)

・ホテルまで送ってもらい

・検査結果が出たら空港まで持ってきてもらう

約束をしました。(お金は検査結果と引き換え)

 

ホテルは4000円の安宿をとって数時間寝ましたが、汚いし落ち着かないのでお昼には空港に戻りました。

 

ぼったくられてるかどうかはよくわかりませんでしたが、

とりあえず証明が取れて日本に帰れるのなら、はした金と思って進めます。

 

でも、抗原定量検査で行けると書いているのにやっぱりどう考えてもおかしい。

昨日は深夜便だったため、お昼のスタッフに、なんでダメなのかまた直談判しにいきました。

そうすると…

「これは抗原定量検査でいけるはず。こちらの落ち度だから今日の便で発券するね」

と言われました。

 

「…はぁ!?!?」

昨日どんなに食い下がってもダメでしたが、今日のスタッフは間違いを認めてくれました。

いやいやいや!!!

怒りはおさまりませんが、とりあえず追加のお金は掛からないのでそのまま発券してもらい、空港で待ちます。

どうやら深夜でろくなスタッフがいなかったからこんなことになったようです。

 

夕方にはドライバーがきちんとしたPCRの証明を携えて持ってきてくれました。

良い人だった…、1万円に加えてチップはずみました…

 

そして無事ベトナムから脱出、日本に帰国することができました。

丸1日と2万4000円無駄にかかりましたが。

怒りが治らないので、ベトジェットにクレームを入れましたが、連絡はきません。

上と相談しているとのことですが…

もしかしたらこう言った件が多すぎててんやわんやしてるのかも?

気長に待ちます。

 

ベトナムではタイほど抗原定量検査ができる施設がなく、日本にいくならPCR検査、となっていたようです。

そのため、スタッフも勘違いして思い込んでいたそう。

まぁ、こんなご時世で日本政府の対応もコロコロ変わるので航空会社のスタッフも大変ですが…

働いている以上プロなので、しっかりしていただかないと。

知らない土地でストレスもかなりかかり、本当に大変な帰国旅でした。




タイへ今帰国するなら高くても直行便

タイからの直行便だと片道2万円ほど上がりますが、直行便の方が無難です。

制度はコロコロ変わり、他の外国がどういった対応をするかわかりません。

うちは、安くしようと思って余計に高くついたなと反省しております;;

それでも安く経由便で帰りたい場合は、多少高くてもPCR検査の証明をとったほうが良いと思います。

 

こんなご時世なので、万全を期して!

これから移動される方は良い旅を〜^^

 

以上、タイから出国の失敗談でした。




-タイ生活

© 2022 あっちゃんのタイ駐在情報ブログ Powered by AFFINGER5